お仕事もの小説(外部サイト)一覧

タグ お仕事もの×
8
吸血鬼の存在が認知された現代日本。大学を卒業した私、蓮村 絹は、就職予定の大手企業から突如内定を切られ、途方に暮れていた。生活費と奨学金返済のため、やむを得ずアルバイトをすることになった先は、吸血鬼の捕獲・駆除専門のNPO法人。お姫様体質の代表理事に、一見穏やかなイケメン上司、口は悪いが常に眠そうな同僚、そしてもう一人……個性の強いスタッフに揉まれつつ、私は今日も吸血鬼=『特種害獣』を追いかける。
24hポイント 15pt
小説 600 位 / 19,514件 ファンタジー 290 位 / 7,830件
登録日 2016.10.30
才能はあるが売れない音楽家、城山匠。 冴えない日々を送っていた彼の元に、一件の仕事が舞い込んできた。ある女子高の吹奏楽部が、指揮者を探しているという。 他に仕事のなかった城山は、その依頼を引き受けた。向かったのは南アルプスを望む山梨県。そこでの女子高生たちとのふれあいが、彼の生きる力を呼び覚ましていく。 やがて伝説の指揮者と呼ばれる城山匠の、山梨鳴沢女子高一年目のお話。 ※この話は本作「川連二高吹奏楽部~ここがハーレムだと、いつから錯覚していた?」の外伝になりますが、独立した話なので単体でもお楽しみいただけます。
24hポイント 0pt
小説 19,514 位 / 19,514件 キャラ文芸 248 位 / 248件
登録日 2020.07.10
幸運を売ったり、能力を売ったり、小説の種を売ったり……様々な変わり種の仕事をする姉妹、アティカとカルチェのでこぼこ姉妹が送る、不思議なお仕事コメディ。
24hポイント 0pt
小説 19,514 位 / 19,514件 大衆娯楽 496 位 / 496件
登録日 2020.06.30
4
ライト文芸 連載中 長編 R15
交通事故により視覚に障がいを持ってしまった研修医・本間浩。  彼のそばには同期の遠野みゆきがいつもいた。それは彼女もまた原因不明の睡眠障害を抱えていたためだ。浩がそばにいると、なぜかみゆきは突然の睡魔におそわれないうえ、彼にいざというとき起こしてもらえるからだ。    共に障がいのため、希望していた脳外科医の道をあきらめざるを得なかった二人。  そんな彼らが選んだ道は、事故や病気で脳に障がいを負った人たちをケアする道だった。  脳卒中や事故による脳挫傷から社会復帰しようとする患者さんたち。そして彼らをサポートする職員たちと共に奮闘する日々は、浩とみゆきを変えていくのだった。    そして交差する浩とみゆきの想いの行方は? *本作品は「小説家になろう」様、「カクヨム」様にも掲載しております
24hポイント 0pt
小説 19,514 位 / 19,514件 ライト文芸 298 位 / 298件
登録日 2019.02.19
営業部期待の社畜、秋本初音に支給された社用スマホには最新最強の勤怠改善アプリ『ZINZI』がインストールされていた。初音の業務から生活習慣まで様々なことに口出しする小うるさい『ZINZI』に苛立つ初音だったが……?
24hポイント 0pt
小説 19,514 位 / 19,514件 キャラ文芸 248 位 / 248件
登録日 2018.11.30
シカトリスという街で花屋を営む男、ミシェル。 花に囲まれ、人に囲まれ、街で穏やかな日々を過ごす。 しかし彼には、もうひとつの顔――『副業』があるのだ。 『花屋』とその『副業』を題材にしたお仕事ものです。 COMITIA、文学フリマ、BOOTHなどで未公開作品も販売しております。 好評をいただいており、こちらでも掲載させていただくことにいたしました。 お気に召したら幸いです。 この小説は「エブリスタ」「NOVEL DAYS」「小説家になろう」にも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 19,514 位 / 19,514件 キャラ文芸 248 位 / 248件
登録日 2018.11.16
現世(うつしよ)と隠世(かくりよ)の境目は曖昧だ。 ふとした瞬間に、あやかしが跋扈する隠世に迷い込んでしまうことがある。夏織は、そんな隠世に幼い頃に迷い込んでしまった稀人(まれびと)だ。 あやかしに育てられ、今は貸本屋を経営する養父の下で暮らしている。 そんな馨の下に、ある日ひとりの青年が迷い込んできた。彼は祓い屋で、在る目的があって隠世にやってきたらしい――。 これは、人間でありながらあやかしの心を持つ夏織と、力を失い、道を見失った青年が、本を通じてあやかしたちと出会い、別れ、心を通い合わせ、癒やされていく物語。
24hポイント 0pt
小説 19,514 位 / 19,514件 キャラ文芸 248 位 / 248件
登録日 2018.05.13
営業職の僕には月一回は必ず訪問する会社がある。始まりは飛び込み営業だった。そして社長に言われたのだ「この契約書は無しよ!!」と。なんだそれ。それにしてもなんか事務員さんからの視線が痛いのだが…。
24hポイント 0pt
小説 19,514 位 / 19,514件 現代文学 578 位 / 578件
登録日 2016.01.28
8