2
人によってフロア構造が変わるダンジョン。潜るには自分のフロアを完璧に把握している案内人が不可欠だった。 ある日案内人のクロトは、両手剣使いのレナ、魔法使いのシェス、獣人のティアの女性三人パーティを案内することになる。彼女たちの目的は階層踏破の称号だった。レナたちに自分のフロアの地図を渡し、クロトはいつも通りただついて行くのだが、ダンジョンには異常事態が発生していて―― ~~~~~~~~~~~~~~~~~~     無踏破:ブラック(初心者)  第五階層踏破:ブロンズ(初級者)  第十階層踏破:シルバー(中級者) 第二十階層踏破:ゴールド(上級者)
24hポイント 7pt
小説 26,533 位 / 121,776件 ファンタジー 5,264 位 / 31,957件
文字数 88,861 最終更新日 2021.09.23 登録日 2021.08.31
魔法陣を専門に扱う魔術師ノトは、魔法陣を描く仕事をしながら、森の奥で自由気ままに暮らしていた。 ある日王都から、特別審査官だと名乗る少年とその護衛だという女が訪ねて来た。 ドラゴン討伐への同行を求められ、断固拒否したノトだったが、背後にいる人物の名前をちらつかされて渋々承諾することに。 こうして、魔力ゼロの魔術師は、優秀な少年特別審査官、豪快な女剣士とドラゴン討伐へ向かったのだった。
24hポイント 7pt
小説 26,533 位 / 121,776件 ファンタジー 5,264 位 / 31,957件
文字数 129,777 最終更新日 2021.09.17 登録日 2021.08.31
2