化茶ぬき

化茶ぬき

たぬきさん(仮)から化茶ぬきに名前を変更しました。
6
勝てない副将と揶揄される高校生剣道家――不動蔵人。 剣が振れない。竹刀を振れない。しかし、それでも負けることはない。 最後の大会も引き分けで終わりを迎え、引退式を終えた帰り道。 不動は耳鳴りのような音に吸い寄せられるよう壁に描かれた魔法陣を発見した。 その魔法陣に触れた瞬間、辺りが眩い光に包まれて――目を開けば、そこはダンジョンの中だった。 説明が無い。魔法も使えない。誰もいない。チートも無ければ何も無い。 目の前に現れたモンスターに襲われた不動は、無事にダンジョンを抜け出すことができるのか――
24hポイント 7pt
小説 21,097 位 / 87,025件 ファンタジー 4,689 位 / 24,796件
文字数 99,857 最終更新日 2020.11.07 登録日 2020.08.16
人間と魔王が争う時代 少年は行商の両親と共に街から街へと旅をしていた。 そんなある日、馬車の前に飛び出してきた冒険者たちが助けを求めてきて、両親はその求めに応じた。 それが全ての元凶――間違いだった。 焦った様子の父が少年を逃がした後、父は嬲られ、母は犯され――そして、殺された。 その一部始終を、少年は草場の陰から眺めていた。息を殺し、馬車と共に燃やされる両親を。 つい物音を立てた少年が全速力で逃げ出すと、小さな村に辿り着いた。 少年が村の教会に引き取られた一年後――魔王討伐の知らせが届いた。 それと共に魔王討伐を成し遂げた十三人の冒険者の似顔絵が公開され、それを見た瞬間に少年は吐き気を催した。 その冒険者――十三人の英雄こそが、少年の両親を殺した者たちだったのだ。 そして少年は決断した。 十三人の英雄を自らの手で殺すことを――
24hポイント 7pt
小説 21,097 位 / 87,025件 ファンタジー 4,689 位 / 24,796件
文字数 127,648 最終更新日 2020.11.07 登録日 2020.08.16
ホラー 完結 長編 R15
十月十四日 地球へと降り注いだ流星群によって人類は滅亡したかと思われた―― しかし、翌日にベッドから起き上がった戎崎零士の目に映ったのは流星群が落ちたとは思えないいつも通りの光景だった。 だが、それ以外の何もかもが違っていた。 獣のように襲い掛かってくる人間 なぜ自分が生き残ったのか ゾンビ化した原因はなんなのか 世界がゾンビに侵されることを望んでいた戎崎零士が 世界に起きた原因を探るために動き出す――
24hポイント 0pt
小説 87,025 位 / 87,025件 ホラー 3,162 位 / 3,162件
文字数 183,098 最終更新日 2020.01.14 登録日 2019.08.05
少年は本の虫だった。 時が経ち大学生になった彼は、図書館に入り浸る姿から「図書館の栞」と呼ばれるようになった。 様々なジャンルの本を読み漁った彼は――嫉妬していた。 ライトノベルに出てくる主人公たちは何を努力することもなく最強になり英雄になり人々に好かれている。 つまり――異世界に憧れていた。 本が好きだが、その中に絶望を感じていた「栞」は ある日、馴染みの古書を扱う図書館である一冊の本を見つけた。 しかし、その本に書かれていた文字はこの世界のどれとも一致せず読むことが出来なかった。 本に夢中になっていた「栞」が顔を上げた時――そこには異世界が広がっていた。
24hポイント 0pt
小説 87,025 位 / 87,025件 ファンタジー 24,796 位 / 24,796件
文字数 190,484 最終更新日 2019.11.16 登録日 2018.07.19
コアな人気を博す買い切りネットゲームMMORPG・ブラックブリード・エンパイア。 世界で初めてゲーム内通貨百億円を貯めた三嶽原十司――アバター名・サンジュウシは、目を覚ますと見覚えのある景色の中にいた。 そこは――ブラックブリード・エンパイアの始まりの地だった。
24hポイント 0pt
小説 87,025 位 / 87,025件 ファンタジー 24,796 位 / 24,796件
文字数 73,831 最終更新日 2018.11.30 登録日 2018.08.01
ある日、地球で起きた大変異――それは一夜にして世界中の三分の一の人間を別モノへと作り変えた。 彼ら彼女らは超人類と呼ばれ、ある者は火を吹き、ある者は空を飛べるようになった。 ある者はカメレオンのように長い舌を持ち、ある者は狼男のように牙と爪を持ち全身が毛で覆われた。 変異は千差万別。 そんな超人類の一人である猫ヶ原瞬尾は喧嘩に絡まれた帰り道――突然、地面に浮かび上がった魔法陣に気を取られた次の瞬間、別の世界に召喚されていた。 同じように召喚された男女は落ち着き払っていたが猫ヶ原瞬尾は違った。 何故なら彼は――猫耳と尻尾が生えている『だけ』の超人類だったのだ。
24hポイント 0pt
小説 87,025 位 / 87,025件 ファンタジー 24,796 位 / 24,796件
文字数 79,244 最終更新日 2018.11.04 登録日 2018.08.22
6