鬱沢色素

鬱沢色素

実は女の子といちゃいちゃする物語が好きです
5
恋愛 連載中 長編
満月の夜。私(ノーラ)は第一王子のレオナルトに婚約破棄を言い渡されてしまう。 どうやら彼は「真実の愛」とやらを見つけて、エリーザ令嬢と婚約するらしい。 しかも私はそのまま、冷酷無比と噂の第七王子アシュトンとの婚約を押し付けられてしまった。 怖い人……と聞いていたけど、私の前に現れたのは漆黒の美しい男。 さらに私は決闘でアシュトンを負かしてしまい、彼に気に入られる。 どうなることかと思ったけど、アシュトンはすごく優しく、街の人々から慕われている王子であった──。 彼に溺愛され、充実した日々を送っていたある日。エリーザ令嬢が「話が違う!」と怒鳴りにきた。 え? 知らなかったの? 彼は……。 ※小説家になろう様・カクヨム様でも公開しています。
24hポイント 1,767pt
小説 1,087 位 / 105,473件 恋愛 629 位 / 29,762件
文字数 116,867 最終更新日 2021.05.21 登録日 2021.04.11
恋愛 連載中 短編
「好きな人ができたから、悪いけど君との婚約を破棄させてもらう」  突然、私は婚約者でもありこの国の王子殿下のギルベルトに婚約破棄を宣告されてしまう。  呆れていたら、しかも好きな人って……妹のミア!? あの子、一体なにを考えてるの?  あーあ、あんな泥棒猫とバカ王子はもう放っておこう。どうかお幸せに。  私は【テイム】スキルを使って、魔物の森で悠々自適に暮らしますから。  そんなわけで新しい人生を送っていたけれど……どうやら妹達は大変なことになっているみたい。  だから言ったじゃないですか。
24hポイント 42pt
小説 13,735 位 / 105,473件 恋愛 6,298 位 / 29,762件
文字数 7,051 最終更新日 2020.12.30 登録日 2020.12.28
恋愛 連載中 短編
『聖女隊』——それは祈りを捧げ、国を守る役割を持った少女達。 ジャンヌもそんな聖女隊の一人であったが、国王に『偽の聖女』の刻印を押され、国外追放されてしまう。 途方に暮れていたジャンヌであったが偶然、精霊達が住む寂れた森に辿り着く。 精霊王「あなたこそが真の聖女様です!」 どうやら聖女隊の中で、ジャンヌだけが真の聖女だったらしく、女神の力を有しているらしい。 ジャンヌは聖女の力を使って、少しずつ精霊達とのんびり森を建て直していくことにした。 一方、真の聖女を失った国は崩壊に道を辿っていく……。
24hポイント 99pt
小説 8,944 位 / 105,473件 恋愛 4,217 位 / 29,762件
文字数 6,473 最終更新日 2020.06.19 登録日 2020.06.09
恋愛 連載中 短編 R15
ライハルト王国では代々、何人もの聖女達が祈りを捧げ、影ながら国を守ってきた。 そんな中で一人『光の加護』を得られなかった落ちこぼれ聖女候補のコリンヌは、それでも国に貢献しようと頑張っていた。 しかしある日、恋人であるブレントを他の聖女に寝取られ、挙げ句の果てには聖女候補失格として死刑が決まってしまう。 断頭台に上がり、今にも死刑が執行されようとしているその時。 コリンヌに闇の加護が付与され、ありとあらゆる闇魔法が使えるようになる。 コリンヌ「この国は既に腐っています。滅ぼすしかありません」 逆転無双開始。 コリンヌは闇の力で今まで虐げてきた者達へ復讐し、ラインハルト王国を滅ぼすことにした——。
24hポイント 56pt
小説 11,907 位 / 105,473件 恋愛 5,547 位 / 29,762件
文字数 5,820 最終更新日 2020.06.11 登録日 2020.06.09
 底辺負け組アルフは勇者エリオットに虐げられており、幼馴染みも寝取られてしまう。  しかし【みんな俺より弱くなる】というスキルを使って、みんなに復讐することにした。 「俺を虐げてきた勇者パーティーのみんなを、人生ド底辺に堕としてやる!」  手始めにアルフは弱くなった勇者をボコボコにする。  その後、勇者はデコピン一発でやられたり、聖剣が重くて使えなくなったり、女達から徐々に煙たがられたり——と着実に底辺に堕ちていった。  今ここに血で彩られた復讐劇がはじまる。  題名に★マークが付いてるのは、勇者パーティー視点で彼等が底辺に堕ちていくまでの様を描いています ※小説家になろう様でも先行で連載しております。
24hポイント 28pt
小説 16,803 位 / 105,473件 ファンタジー 3,037 位 / 27,984件
文字数 133,937 最終更新日 2020.03.22 登録日 2020.03.03
5