千歳

千歳

ボチボチネタが出たら書いてます。お仕事の合間に。拙い文章ですが読んでくださると嬉しいです
3
恋愛 連載中 短編
8月がはじまって。 少女は寝ていた。 少女のそばには少年がいた。 少年は声が出ないから。 ただただ少女と少年は手を繋いで静かに時を過ごした。 8月がおわった。 少女の隣に少年はいなかった。 少女の命はあと1ヶ月と持たない。
24hポイント 0pt
小説 58,998 位 / 58,998件 恋愛 14,231 位 / 14,231件
文字数 124 最終更新日 2019.04.04 登録日 2019.04.04
恋愛 連載中 長編
とあるレトロなカフェに、二人の美男美女が向かい合って座っていた。 二人は、無言で珈琲を嗜んでいる。 マスターは注文以外に一言も会話をしない貴族の男女を、奇異なものを見るように観察していた。 しかし、珈琲を飲み終わり、女が会計を済ませて店を出て、二人がそれぞれの方向に帰路に着くまで、会話はなかった。 しかし。 これから二人の波乱万丈な恋が始まることなど、誰が予想できただろうか?
24hポイント 0pt
小説 58,998 位 / 58,998件 恋愛 14,231 位 / 14,231件
文字数 216 最終更新日 2019.03.03 登録日 2019.03.03
2085年の日本でOLとして働いていた山口奈々。働き手が足りなすぎることで一日の平均労働時間は18時間だった。山口奈々は当たり前のように過労死した。 奈々は転生し、有力貴族の娘〔ナナ〕として産まれ、前世の記憶を三歳の時思い出した。その膨大な記憶に耐えられずいきなり呻き倒れたナナを突然金色の光が包みこんだ。一連の流れを見た、ナナの両親は、いきなり光りだした娘を気味が悪いと地下へと隔離した。 だが、ナナは地下に隔離された時には一人では無かった。四人の精霊が傍にいた。美男美女の精霊からは加護を受けたことによりナナは前世を思い出し、魔法が使えるようになった。金色の光は精霊が私が膨大な記憶に耐えられるように管理した為だった。 そして、精霊の加護付きのものはあることをせねば精霊達が世界を滅ぼすというのだ。だが、それには地下から出る必要があった。その為にナナがとった行動は強くなること。地下から脱走しても身を守れるように、と精霊に様々なことを教わった。 訳あり精霊と転生者のナナの前世との関係。そしてこれからのナナの運命が絡まった物語の行く末は────?
24hポイント 0pt
小説 58,998 位 / 58,998件 ファンタジー 19,064 位 / 19,064件
文字数 22,264 最終更新日 2019.01.05 登録日 2018.12.29
3