まいまい@”

まいまい@”

 不可解で妙な言葉遊びが好き。 奇人変人宇宙人な性質なので、おそらく小説もそんな感じ。 ついでに、マニアック気質な主人公が登場するほのぼの系な小説ばかり書いている。
21 12
空に浮かぶのは青い月。僕は地球ではない星にいた。  僕はこの星で出会った導師に恋をしている。しかし、その想いは伝えることができても、成就することはない。  その理由は、僕がこの星の生命ではないことに由来する。僕はこの部屋から生身で出れば、5分も経たないうちに死んでしまうだろう。僕は彼女の温もりを感じることができないのだ。  僕はロボットを操って、彼女と対面するしかない。それが唯一、彼女と僕をつなぐものだった。  月の光のように、淡く消えそうな強い鎖が、僕をこの場所に縛り付けている。
24hポイント 0pt
小説 44,683 位 / 44,683件 ライト文芸 2,044 位 / 2,044件
文字数 8,774 最終更新日 2019.03.21 登録日 2019.03.21
 暗闇に響く声。それが、始まりの合図。祭りのはじまる時間。 現世と幻世の挟間の少し詩的なホラー系?
24hポイント 42pt
小説 7,167 位 / 44,683件 ホラー 129 位 / 1,652件
文字数 5,701 最終更新日 2018.05.15 登録日 2018.05.11
 飛鳥の家には、他の人には見ることができない白狐のハクアがいる。  雨模様が続くある夏 、飛鳥の家にいとこの泳魚がやってくる。そのいとこもまた、ハクアの姿を見ることができた。  湿った空気の匂いが漂う夏の盆、夢と現の挟間にある話。
24hポイント 0pt
小説 44,683 位 / 44,683件 ライト文芸 2,044 位 / 2,044件
文字数 33,751 最終更新日 2018.01.01 登録日 2017.12.08
★身も蓋もない骨のあらすじ★  僕は骨が好きだ。  世界が変わってもそれだけは変わらない。対象がスケルトンになっただけである。たとえ何が起ころうとも、僕は骨のことだけを考える。  そう、僕は何よりも骨が好きなのだ。  この世界に来て、僕は一つの魔法を覚えた。それは骨に命を吹き込む魔法。  最初はフライドチキンの骨に、そして、魔物や人間(獣人)の骨に魔法をかけた。様々な骨に囲まれた骨のハーレムを築きつつあった。  ――ある時、魔王が魔物の軍団を引き連れて人間の国と本格的に戦いを始めた。たくさんの命が成す術もなく、ただただ散っていった。  長引く不毛な戦いに、人々は平和をもたらす勇者の出現を望んだ――  魔王を打ち倒す勇者こそ現れなかったが、この戦いに終止符を打つ救世主は現れた。それは僕だ。  ――これは、その日、魔族と人間の戦いに乱入し勝利を奪い取ったと共に、楽園(骨)を手に入れた者の――その世界の表舞台に現れた日から、たくさんの命(骨)を救うまでのご都合主義的超展開な話である。  人(男)と骨(女)がラブラブします。主人公は本命の娘(骨)をとても愛しますが、他の子(骨)も愛でます。ハーレム(骨)です。主に2章、3章がR18です。
24hポイント 0pt
小説 44,683 位 / 44,683件 ファンタジー 15,139 位 / 15,139件
文字数 71,355 最終更新日 2016.12.31 登録日 2016.07.07
★剣?魔法?魔物?魔王?依頼?討伐? そんなものよりも、もちろん微生物なのだよ!★  三度の飯よりも微生物の観察が大好きな院生は、地球ではない場所の、土薫る雨上がりの草原にいた。土の香りがする、これは非常に重要なことだ。実は雨の後に漂うあの匂いは、土に住む微生物の産物だ。その匂いを感じる、それはつまり、ここにも微生物は間違いなくいるということ、そう思うと無意識に頬が緩んでしまう。  草原に残る水たまりを覗きこめば、様々な微生物たちがいた。この星の微生物たちも、地球となんら変わりなく神秘的な造形をしている。光に透けたもふもふの繊毛、水をかき回すように力強く振るわれる鞭毛、水に漂うことに適した無駄のない形……試験やレポートの心配もなく、ひたすら微生物の観察できるこの世界は――あぁ、なんて幸せなんだ。 「こんなところで何をしているんだ?」 「……観察の邪魔だ、あっちへ行けよ」  邪魔をしてきた人物を睨み付けたが、視界に入ってきたのは馴染み深い哺乳類な人類ではなく、鱗を持つ爬虫類型の人類だったのだ! 「――あ、これは常在菌かな」  彼の鱗に住む微生物を発見した。初めて獣人に出会ったが、それはとにかく、やはり微生物は良いものだ。 「……俺の鱗がそんなに気に入ったのか?」 ――――  世話好きな獣人(竜種)や、相棒となった精霊(液体)、いたずら好きの妖精(草花)といった、異世界の住民たちに観察の邪魔されながらも、「現代知識」と「神に願った3つの能力(道具がなくとも微生物が見られる能力、食事の時間も惜しいので飲食不要、体調不良で観察できないのは困るので過酷な環境に対する耐性)+ちょっとしたオマケ(筆記用具など)」を活用しつつ、欲望のおもむくまま、気の向くまま、町で部屋で草原で森で洞窟で、微生物をスケッチしたり、微生物を培養したり、微生物の観察をしたり、微生物を観察したりして、異なる世界での生活をマイペースに満喫しようとする、微生物にしか興味が無い者の、ぐだぐだまったり日常系異世界観察な話。
24hポイント 6pt
小説 2,409 位 / 18,888件 ファンタジー 839 位 / 7,193件
――移り変わる季節たちの。
24hポイント 0pt
ブログ 4,880 位 / 4,880件 詩集 386 位 / 386件
――人間は人の「間」を介す。人間とは事象である。人の間は事を象る。
24hポイント 1pt
ブログ 727 位 / 4,880件 詩集 10 位 / 386件
――想う者たちの。
24hポイント 0pt
ブログ 4,880 位 / 4,880件 詩集 386 位 / 386件
――人間は人の「間」を介す。人間は人の形をしている。人の間は人の形れ。
24hポイント 0pt
ブログ 4,880 位 / 4,880件 詩集 386 位 / 386件
 一つの湖、一つの島、一つの縦帆船しかない小さな箱庭のような世界のはなし。この世界は、宇宙に浮かぶ星の中にある。遠い昔に作られた宙に浮かぶ船。今となっては、それを知るのは、世界の管理を任された人の形をした人ならざるものたちだけ。  人々は小さな箱の中、のんびりほのぼのと暮らしていた。  湖に浮かぶ縦帆船の船長は、狭い世界の数多の場所、数多の人々と出会う。彼は、知るかもしれない、うしなわれた幻想の海への道を。美しい母なる海にある『海境』(ウナサカ)の行方を。  悲願の達成を迎えた時、旅立つものたちは、はじめてみる海と、宙に浮かぶ故郷に、これから始まる長い旅路に思いをはせた。  そんな閉ざされた小さな世界のちょっとした謎と不思議と、何の変哲もないまったり淡々とした平凡で適当な、おかしな日常、意味不明系なお話。
24hポイント 0pt
小説 18,888 位 / 18,888件 児童書・童話 434 位 / 434件
SF 完結 長編
 今日もいつものように機械をいじっていると、見知らぬ廃墟にいた。  あたりを見渡せば愛用の工具箱が置いてあった。廃墟には器械の残骸がたくさんあった。これはこれは、修理(解体)しがいがある。これらがあれば、ここがどこだろうと僕は文句はなかった。  工具箱に忍ばせていた愛読書の『図解 古代・中世の機械技術』と愛用の工具を片手に、自動販売機(硝子魚や魚ジュースが出てくる)を製作し、それを近くの村に設置した。そして、風車を復元するなど、異世界ライフを楽しんでいたら、神の神殿にある「神の器械」を直して欲しいと頼まれた。  そして……壊れ動かなくなっていた運命の歯車が、動き出した。 「機械好き人間(地球人)」と「土偶っぽい形の器械人形娘(修理品)」が、「埴輪っぽい形の硝子人間(現地人)」の住む世界の危機(機器)を救う!
24hポイント 0pt
小説 18,888 位 / 18,888件 SF 966 位 / 966件
SF 完結 ショートショート
考古学者とその助手は、1000年前の遺跡を発掘していた。そこは、昔のゴミ捨て場だった。
24hポイント 1pt
小説 4,508 位 / 18,888件 SF 154 位 / 966件
SF 完結 短編
僕の名前はリダ。 母子家庭に育った。父は帰ってこない。 兄は僕の生まれる前に死んでいる。悲しんだ母は、弟の僕に兄と同じ名前をつけた。 兄の名前はリダ。 兄リダの命日がくる度、弟リダは「自分の名前の墓」に行く。「ぼくの墓参りに行くという複雑な気分」に悩まされている。 僕は何者なのか、それは未だにわからない。
24hポイント 0pt
小説 18,888 位 / 18,888件 SF 966 位 / 966件
ある冬の日、少年は少女に出会った。 「あの実がほしい。そして、食べたい」 「あれは、あの実は……苦くておいしくないんだよ」 「それでも良い。わたしは、食べたかった」
24hポイント 0pt
小説 18,888 位 / 18,888件 児童書・童話 434 位 / 434件
 空に浮かぶのは青い月。僕は地球ではない星にいた。  僕はこの星で出会った導師に恋をしている。しかし、その想いは伝えることができても、成就することはない。  その理由は、僕がこの星の生命ではないことに由来する。僕はこの部屋から生身で出れば、5分も経たないうちに死んでしまうだろう。僕は彼女の温もりを感じることができないのだ。  僕はロボットを操って、彼女と対面するしかない。それが唯一、彼女と僕をつなぐものだった。  月の光のように、淡く消えそうな強い鎖が、僕をこの場所に縛り付けている。
24hポイント 0pt
小説 18,888 位 / 18,888件 恋愛 4,981 位 / 4,981件
 それは、むかしむかしのお話。  まだ人が星から運命を導き出していた時代。  変わることのない長い平穏は、終わりを告げつつあった。  太陽が輝く空に、それは現れた。  ――そう、昼間でも消えない小さな星が西の空にあったのだ。  白銀の光に包まれ、伝説にある竜と同じ尾を持つそれは「白き翼の蛇《ケツァルカトル》」と呼ばれた。
24hポイント 1pt
小説 4,508 位 / 18,888件 歴史・時代 100 位 / 440件
 妖精は旅に出た。森に住んでいた食べ物(魔物)をあらかた食べつくしてしまったのだ。だから食べ物を求めて、相棒である走鳥と共に旅立った。そこで、魔物を食う妖精は魔物を倒す勇者と出会う。  世界では魔物が増えていたのだ。勇者一行はその原因を探るため魔物たちと戦っていた。  「勇者についていけば食べ物に困らないかもしれない」と妖精は思い、彼らについていくことにした。  1話200字で書いているので、さくっと?読めます。
24hポイント 1pt
小説 4,508 位 / 18,888件 ファンタジー 1,584 位 / 7,193件
ホラー 完結 ショートショート
 主人公は、存在しているようで、その話の中には、存在していない。  何か始まるようで、何も始まらず、それは終わることもない。  しんしょうふうけい、しゅーるれあにずむってやつ?  不可解で不条理な世界。  こういうの、自己満足に走りすぎて、読者が置いてけぼりって言うんだね。  そう言うのが苦手な人は、戻るボタンを襲う(押そう)。  そうするのが、いゝ。
24hポイント 0pt
小説 18,888 位 / 18,888件 ホラー 711 位 / 711件
SF 完結 短編
「恐竜になって、大昔(ジュラ紀)に行ってもらうのじゃ!」  マッドサイエンティストの爺さんに誘拐され、変な機械に閉じ込められ……そして俺は今、恐竜(おそらく始祖鳥)の姿で、鬱蒼とした森の中にうずくまっていた。偶然、その森の中で同種の恐竜であるカグヤと出会い、彼女の群れにおせわになることになった。  マッドな博士は現代に戻れると言っていたが一向にその気配はない。恐竜時代に来て数年が経ち、その頃になると現代に戻ることはあきらめた。この時代で生きていくことを決めた俺はカグヤと結婚し、子供も生まれ、幸せに暮らした。  俺の子供たちは成長すると、誰よりもうまく空を舞うように滑空した。数世代後には、完全に空へ向かう者が現れるかもしれない。  俺らの子供たちは脈々と進化し続け、いつか鳥になるのだろうか。
24hポイント 0pt
小説 18,888 位 / 18,888件 SF 966 位 / 966件
 少年の故郷が魔王に滅ばされてしまった。魔王は強力な力を持つという闇蜥蜴《やみとかげ》を蘇らせようとしている。少年は闇蜥蜴の復活を防ぐため、魔王よりも先に、4つの秘宝(ガラクタ)を集めると誓う。滅びた故郷に別れを告げ、秘宝を求めて旅立った。  ――そしてある遺跡に来た時、少年はスライムと出会い、なぜか二人で旅をすることになった。  なんと1話200字で書いているので、すらすら読めるって程度じゃない! さくっと?読めます。
24hポイント 0pt
小説 18,888 位 / 18,888件 ファンタジー 7,193 位 / 7,193件
21 12