葵むらさき

葵むらさき

大人のためのお伽噺を書いています。
6
四人の魔法使いを収容した“魔法のランプ”ならぬ“魔法の急須”の持ち主・舞子が、新たなる厄介事に巻き込まれてゆく。 「魔法使いのくせに生身の人間に頼らないでよ」 【登場人物】 春日舞子    主人公。高校生。 森川優美    急須の中の人格の一人。制御・均衡調整担当。 木多丘ひろみ  同上。攻撃・物理力稼動担当。 相原正吾    同上。情緒・刺激感受担当。 大石たくぴー  同上。分析・理論構成担当。 急須くん    上記人格たちの統合者。
24hポイント 0pt
小説 86,865 位 / 86,865件 ファンタジー 24,850 位 / 24,850件
文字数 97,754 最終更新日 2020.11.28 登録日 2020.06.03
ポピーは魔法の世界に住む少女。その世界では「キャビッチ」という、神から与えられた野菜で魔法を使う――「食べる」「投げる」「煮る」「融合」など。 13歳になったポピーは、新たに「シルキワス」という伝統の投げ魔法を会得し、充実した毎日を送っていた。 そんなある日ポピーは母親に頼まれて、祖母の家までおつかいに出た。その祖母こそ、ポピーにシルキワスを教えた人であり、魔法界に――そして鬼魔(キーマ)界に名だたる伝説の魔女・ガーベラその人だった。 おつかいの途中でポピーは、ふしぎな声を耳にする。気になりながらもその正体はつかめずにいた。 そして祖母の家でポピーは、長いこと旅に出ていた父親と再会するが、彼女にくっついて来たポピーのライバル鬼魔・ユエホワを見て祖母と父が言った言葉に、はげしく動揺するのだった――
24hポイント 0pt
小説 86,865 位 / 86,865件 ファンタジー 24,850 位 / 24,850件
文字数 257,798 最終更新日 2020.08.18 登録日 2019.01.01
陽世と陰曺地府を襲う厄災が巻き起こりつつある中、閻羅王に力を貸す者を探す聡明鬼リューシュンだったが、それが誰なのか、陰陽師リンケイによりついに明らかとされた。そしてリンケイは陰曺地府、閻羅王の元へと向かう。一方陽世に残ったリューシュンは、囚われた妻スンキを救うべく行方を絶ったキオウを追う。陰と陽に別れながらも、悪鬼テンニの手よりそれぞれの世を救い出さんと力を尽くすリューシュンとリンケイであった。異界ファンタジー、完結篇。
24hポイント 0pt
小説 86,865 位 / 86,865件 ファンタジー 24,850 位 / 24,850件
文字数 101,801 最終更新日 2018.05.05 登録日 2018.05.05
陰陽の世界に起こるであろう厄災を防ぐ為、閻羅王に力を貸す者を探す若き鬼・リューシュン。降妖師テンニの手により自分に仕えてくれていたスンキを亡くし、己を責めていたが、陰陽師リンケイと共に篭った洞窟で奇妙な生き物・スルグーンに出遭う。それから後リューシュンの中に、今までにない不思議で奇妙な感覚が再々去来し惑わせるようになる。やがて閻羅王は、リューシュンの正体に気づくこととなる。そんな中、陰曺地府そして陽世に邪悪な影が忍び寄ろうとしていた。長編異界ファンタジー第三弾。
24hポイント 0pt
小説 86,865 位 / 86,865件 ファンタジー 24,850 位 / 24,850件
文字数 93,771 最終更新日 2018.04.16 登録日 2018.04.16
玉帝により特殊な力を授けられた鬼、聡明鬼リューシュン。やがて陰界と陽世に巻き起こるであろう凄惨な事変を防ぐため、陰陽師リンケイらと共に「閻羅王に力を貸す者」を探し続ける。その一方で、閻羅王に恨みを持ち斃そうと企む模糊鬼キオウがいた。キオウは聡明鬼を従えようと目論み、聡明鬼の邸を襲い、使用人の長として仕えるスンキを攫う。長編異界ファンタジー第二弾。
24hポイント 0pt
小説 86,865 位 / 86,865件 ファンタジー 24,850 位 / 24,850件
文字数 128,485 最終更新日 2018.03.25 登録日 2018.03.25
神鬼たちが閻羅王の統治の下に人間界の土地を統べる世界。地獄の王に唯一人追従しない鬼がいた。名はリューシュン。通称は聡明鬼。森羅殿の営みを揺るがす力を、彼は持っていた。その力を与えたのは、上天を統べる玉帝であった。長編異界ファンタジー第一弾。
24hポイント 0pt
小説 86,865 位 / 86,865件 ファンタジー 24,850 位 / 24,850件
文字数 111,586 最終更新日 2018.03.08 登録日 2018.03.08
6