こゆき

こゆき

なるべく毎日更新をして行けたらと思っています。基本夕方〜夜になりますが、時々仕事の関係で昼頃に更新します。 よろしくお願いします。 Twitter:@hepyo786 始めました。
6
「ナギ!お前を追放する!」 突然告げられた勇者パーティからの追放。 理由は……『地味な調合師なんて必要ない』? そこまで言うなら、良いでしょう。 私は潔くパーティを去ります。 ……けど、私がいなくなった後のことは知りませんからね。 勇者パーティを追放されたナギの決断は──…… 現代日本から剣と魔法の国へ転移しちゃった元社畜が、調合師としてあれやこれやと頑張るお話。 *勇者パーティをざまあするお話に出来たらいいな *これまた見切り列車のきまぐれ小説 *多分1章書き終える事に更新するので亀更新です
24hポイント 42pt
小説 16,461 位 / 144,642件 ファンタジー 2,802 位 / 34,728件
文字数 17,651 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.04.09
恋愛 連載中 長編
ミナリア帝国には、『仮面令嬢』と呼ばれる侯爵家令嬢がいる。 仮面令嬢──表情がまるで仮面のように変わらないから? 笑顔を常に貼り付けているから? いや、違う。 彼女は、その醜い顔を隠すために、常に『仮面』を身につけているのだ。 そんな仮面令嬢には、美しい義妹と義母がいて── その時代、『不美人』とされる女性が愛されたいと願う物語。 ※気まぐれ更新 ※緩いなんちゃって中世時代 小説家になろうさんにも掲載しています。
24hポイント 106pt
小説 9,669 位 / 144,642件 恋愛 4,680 位 / 45,271件
文字数 10,751 最終更新日 2022.05.24 登録日 2022.05.21
恋愛 連載中 長編
「わたくし、美しくないものは嫌いなの」 その一言で教室は凍りついた── ニ大大国のひとつ、聖ルナティア王国の誉れ高き公爵家の御令嬢は乙女ゲームの悪役令嬢だった! 幼い頃から記憶のあった御令嬢だが、それに気づいたのはつい最近…… だって仕方ない。いまの『わたくし』の姿は好みドンピシャ。かつての最推しに似てるとは思っていたけれど、まさか本物だと思うはずがないじゃない? そうなればもう、他人なんて関係ない。とにかく自分を磨くしかないじゃない!!! ヒロイン?わたくし、内面も美しくないものは嫌いなの。 文句があるなら貴族の嗜みを心得てからいらしてちょうだい! そんなハードラブコメディ。 ※なろうに2019年に執筆していたものです。書き直し、連載再開を機にアルファポリス、カクヨムさんにも連載してみることにしました。無断転載ではありません。
24hポイント 113pt
小説 9,237 位 / 144,642件 恋愛 4,471 位 / 45,271件
文字数 21,760 最終更新日 2022.05.10 登録日 2022.03.08
ホラー 連載中 ショートショート
介護士を続けてきた作者が実際に体験した、ちょっと怖い体験談を短編形式で書くだけのお話。 全部ノンフィクションです。 ※職場環境や登場人物はフェイク少し入れてぼかしてます。悪しからず ※小説家になろう、カクヨムさんにも掲載してます
24hポイント 0pt
小説 144,642 位 / 144,642件 ホラー 5,001 位 / 5,001件
文字数 2,289 最終更新日 2022.05.04 登録日 2022.05.01
恋愛 完結 長編 R15
リーゼッヒ王国、王太子アレン。 彼の婚約者として、清く正しく生きてきたヴィオラ・ライラック。 皆に祝福されたその婚約は、とてもとても幸せなものだった。 だが、学園にとあるご令嬢が転入してきたことにより、彼女の生活は一変してしまう。 何もしていないのに、『ヴィオラがそのご令嬢をいじめている』とみんなが言うのだ。 どれだけ違うと訴えても、誰も信じてはくれなかった。 絶望と悲しみにくれるヴィオラは、そのまま隣国の王太子──ハイル帝国の王太子、レオへと『同盟の証』という名の厄介払いとして嫁がされてしまう。 聡明な王子としてリーゼッヒ王国でも有名だったレオならば、己の無罪を信じてくれるかと期待したヴィオラだったが──…… ※在り来りなご都合主義設定です ※『悪役令嬢は自分磨きに忙しい!』の合間の息抜き小説です ※つまりは行き当たりばったり ※不定期掲載な上に雰囲気小説です。ご了承ください 4/1 HOT女性向け2位に入りました。ありがとうございます!
24hポイント 347pt
小説 3,896 位 / 144,642件 恋愛 1,907 位 / 45,271件
文字数 41,322 最終更新日 2022.04.29 登録日 2022.03.28
500年前、俺──勇者と魔王は、殺された。 お互い守ろうとしていた、人類と魔族によって。 そんな俺たちが気づいたら500年後の世界にタイムスリップしていた。 しかも、俺はこの時代では『魔王を命をかけて倒した英雄』であるらしい。 しかも、魔族のものだった魔法を人間が行使し、人間のものだった化学を魔族が使用している。 改心し手を取り合ったから? いいや、そんな訳ない。何故なら、俺と 魔王が死ぬ直前に、目の当たりにしたものは──…… SAN値がピンチな勇者と魔王が、ストロベリーホイップフラペチーノを片手に己の現状を把握していくお話。 いつか長編に昇華したいな、と思ってます。 ※カクヨム、小説家になろうにも掲載しております。
24hポイント 0pt
小説 144,642 位 / 144,642件 ファンタジー 34,728 位 / 34,728件
文字数 3,102 最終更新日 2022.04.07 登録日 2022.04.07
6