飴盛ガイ

飴盛ガイ

色々な人に楽しんで欲しいです。
4
「出て行ってもらえませんか」 如何わしいリサイクルショップで働く塩留瑞雄の押入れに現れたのは、自称神を名乗る女ダルメトールだった。だが神らしいことをするわけでもなく、ひたすら押入れに閉じこもるダルメトールは、時には瑞雄のプライベートと食費を圧迫して、時には生活改善の訴えをしてくる。これはそんなダメ神様と平凡な生活を望むサラリーマンの、ハードストレスフル物語。
24hポイント 0pt
小説 57,243 位 / 57,243件 ライト文芸 2,344 位 / 2,344件
文字数 24,192 最終更新日 2019.08.13 登録日 2018.12.01
愛する妻と大好きな子供たちに囲まれて、平凡なサラリーマンの相馬光雄は今日も幸せな生活を送る。僕は理想的な父親だから、妻も息子も娘も僕にとっては理想の家族。何を考えているかなんて考える必要も無い。だって、自慢の家族なんだから。わざわざ聞く必要ないでしょ。
24hポイント 49pt
小説 8,279 位 / 57,243件 現代文学 119 位 / 2,425件
文字数 9,314 最終更新日 2018.12.23 登録日 2018.12.23
長年引きこもり兼ニートだった興四寺まどかが、一念発起して移り住んだ地区は物の怪と人間の共存のためのモデル地区であった。だが、場所を変えてもまどかはすぐに引きこもり、明日から働こうを繰り返しているうちにとうとう生活資金が底をついてしまう。一週間後には家賃の支払いが控えており、焦ったまどかは高額だが怪しい日払いのバイトをチラシに書いてあった事務所に申し込んだ。それは、街中で起きた人でもあやかしでも無い怪異の清掃作業であり、他に金を得る手段の無いまどかは泣く泣くそのバイトをすることになった。
24hポイント 0pt
小説 57,243 位 / 57,243件 キャラ文芸 1,357 位 / 1,357件
文字数 84,765 最終更新日 2018.12.21 登録日 2018.11.30
BL 連載中 ショートショート R18
「今日も気張って抜くか!!」 群星高校二年生の天根司は物心ついた時から男が好きだった。だが、昨今いくらセクマイという概念が浸透していても、男手一つで育ててくれた父親には心配をかけたくない。だが、年頃の男の子は性欲だって高まるし、恋人だって作りたい。それなら自分の妄想で完結すればいい。見渡せば周りは妄想相手でいっぱいだ。少しやんちゃなクラスメイトに、どこか頼りない担任、虚ろな目をしたバイト先の先輩も脳内フィルターを通せばあっという間に素敵なズリ○タへと大変身。っこうして、天根司は今日もベッドで一人ティッシュを片手に日々を送る。 不定期更新です。出来るだけ過剰な性描写は抑えようと思います。
24hポイント 7pt
小説 17,298 位 / 57,243件 BL 2,611 位 / 4,679件
文字数 7,564 最終更新日 2018.12.17 登録日 2018.12.12
4