伊条カツキ

伊条カツキ

福岡の劇団で活動する劇作家の筆名です。区別する為に小説は筆名で書いています。小説、童話、戯曲とその時、書きたいと思うものを書くスタイルでやっています。
3
限界集落となっていた猪鹿村の村長は、ハイテク村への脱皮を掲げ、 通信インフラを改善し、空家を無償で提供し、移住者を募集する。 そんな条件に惹かれて猪鹿村に移住してきたフリーライターの山鹿キリカ。 彼女が経験した猪鹿村での出来事。 2019年2月8日~17日まで福岡市で行われる劇団ショーマンシップの舞台公演 「選挙でGO」の前日譚です。 2月23日の直方公演終了後は、後日談を連載開始。
24hポイント 177pt
小説 3,449 位 / 44,994件 エッセイ・ノンフィクション 51 位 / 1,013件
文字数 84,290 最終更新日 2019.04.22 登録日 2019.01.05
戦国武将、加藤清正が虎之助と呼ばれていた頃を書いた作品。 清正が鬼の仮面で盗賊を退治したという伝説から着想をえました。
24hポイント 0pt
小説 44,994 位 / 44,994件 歴史・時代 593 位 / 593件
文字数 5,806 最終更新日 2019.02.11 登録日 2019.02.11
第14回内田百聞文学賞、最終候補までいった作品です。 残念ながら、受賞にはいたりませんでした。  博多生まれで《山のぼせ》の倉本は、岡山に転勤した。 山笠の無い夏を始めて過ごした彼は、退職して博多に帰ろうとさえ 考えていた。  そんな時、課長から岡山のまつり《会陽》に誘われる。  山笠こそが、日本一のまつりだと信じて疑わない倉本は、最初は拒否するが……。 講評では 「よく調べている。博多の事もよくわかった」(博多によりすぎたかも) 「映像化したら面白そう」(文章が小説向きじゃないのは、戯曲ばかり書いてた影響です) 「キャラクターの関係が少し弱い」(精進します!)  とお言葉を頂きました。  来年、また挑戦する予定です!
24hポイント 0pt
小説 44,994 位 / 44,994件 現代文学 1,607 位 / 1,607件
文字数 12,833 最終更新日 2019.01.26 登録日 2019.01.26
3