さめ

さめ

皆様何卒よろしくお願い致します。末永く書き続けていこうと思いますので、是非お気に入り登録をお願い致します。
3
表紙をイラストレーターに依頼して作成して頂きました!これからも宜しくお願い致しますByさめ 本作品はよくある軽く楽しんでいただける異世界転生モノで御座います…が、天使、宗教や歴史に拘っている作品で、それらの知識がある方には特に楽しんで頂けるかと思います。是非ご登録をお願い致します。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「皆様、このような悲劇を語る事を何卒ご容赦下さいませ…」 誰に向ける訳でもなく、もはや独り言に近い。街灯の下に立つ老齢の紳士は何処からともなく1冊の本を取り出して続ける。 「…これは全てに裏切られた諦めの物語であり、そして全てを取り返さんとする神との戦いの物語でもあります…そして今まさに、それは始まろうとしているのです…」 びゅうと風が吹き、紳士の持っていた本のページがばらばらと宙を舞う。この光景を目にした道行く人々は本が飛んでいるのを横目で見て、さほど気にもせずに歩みを続ける。彼らは気が付かないのだ。ここが入り組んだ路地であることを。決して’風が吹くはずが無い’ことを。今まさに自分たちが異常な状況下に置かれていることを。紳士はだんだんと声高に、まるで興奮を抑えられぬ様に、両の腕を振り上げ言葉を綴る。 「…皆様の様な無関心な人々によって犠牲となってしまった哀れな男の悲劇をここに始めましょう!」 ある種の宣言の様に、叫びの様に、内が渇望を望むかのような声と同時に、紳士が大雑把に手を振り下ろす。 刹那、’彼ら’は瞬時に血肉の塊となりドチャと嫌な音を立てて崩れ落ちた。紳士は満足そうに辺りを見渡し呟く。 「…また1人、あちら側からこちら側へ、主よ。貢物は今度こそ本物であれば…」 幕は降ろされた。この舞台はもう誰にも止める事は出来ない。
24hポイント 0pt
小説 123,922 位 / 123,922件 ファンタジー 31,901 位 / 31,901件
文字数 312,153 最終更新日 2021.06.27 登録日 2020.08.04
今、またこの夢を見ている。数か月前に起こった出来事だ。  夜寝ていると、妙な感覚に襲われて目を覚まし、カーテンから光が見えるのに気づき窓の外を見た。  美しい|赤色《せきしょく》のオーロラを鳥形に纏った何かが、近くの山に落ちて行く。  その光景になぜか懐かしさを感じ、強烈に心を惹かれた。そして何か忘れていることがあり、それを思い出さなければいけない奇妙な感覚を覚えながら。  誰かが僕の側に居てくれた、大切な人達がいた気がする。  それ以来この光景を夢として度々見るようになったが、今回は今までで一番鮮明であり、初めて誰かの声が聞こえる。誰かを探している声、少女の声が。  それ以外はいつもと変わらない朝。たまにこの夢を見るからか、今更珍しくもない朝だ。  今回は少女の声が聞こえた気がするが、ほとんど何と言っていたのかも、誰を捜しているのかも分からない。  気持ちを切り替えて、僕はあくびをしながら部屋を出てリビングに向かう。
24hポイント 0pt
小説 123,922 位 / 123,922件 ファンタジー 31,901 位 / 31,901件
文字数 60,228 最終更新日 2020.09.26 登録日 2020.09.26
ここは難攻不落の魔王城のはず。 だが、眼前には無傷の勇者パーティーがいる。 その勇者はというと、自身のパーティーの女の胸に手を当てながらその名にふさわしくない下卑た顔をしていた。 「あんたが魔王か。初めましてだな」 ああ、まったくもって、人間というやつは礼儀を知らぬようだ。
24hポイント 0pt
小説 123,922 位 / 123,922件 ファンタジー 31,901 位 / 31,901件
文字数 16,213 最終更新日 2020.09.25 登録日 2020.08.23
3