ざまぁをご所望でしょうか?

「ざまぁをご所望でしょうか?」

 悪役令嬢 ルナシオンに 転生してしまった私は、魔女ラブリナを 頼ることにしたところ、そう 質問された。
 このままでは私は、 乙女ゲームの展開通りに 第2王子 クリシュマルドから 婚約破棄を言い渡されて、 公開処刑にさらされてしまう。
 私は、こくりと 頷いた。

「はい!」
「では、 そのための魔法をかけてあげよう」

 まさかこの魔法のせいで、あんなことになるとは思わなかった。

「ざまぁをご所望でしょうか?」

 あの頃に戻れるなら私はこう答えるだろう。

「いいえ」

 と。

 私は選択肢を間違ってしまったのだ。

 だから私は、今度こそ・・・・・・!





* 今までの作品と違って残酷描写があります。 苦手な方はご注意ください。
 一応 、バッドエンド にはしないつもりです。
 
 
24hポイント 21pt
小説 12,721 位 / 65,819件 恋愛 4,703 位 / 16,928件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

好きでした、さようなら

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:149399pt お気に入り:3851

転生幼女具現化スキルでハードな異世界生活

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:106pt お気に入り:159

婚約破棄されし令嬢、異世界でリセマラ

恋愛 / 完結 24h.ポイント:78pt お気に入り:0

私、悪役令嬢だったようです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:69746pt お気に入り:3538

白雪帝と7人の個性的な人々

恋愛 / 完結 24h.ポイント:0pt お気に入り:43

あたし35にもなって痴漢OK娘って呼ばれています

大衆娯楽 / 完結 24h.ポイント:1022pt お気に入り:332