わたしは今日死んで明日生きる

都市の上に新たな都市を築き重ねる世界。
その世界で人類は激しく衰退していた。

現在、最も価値あるものは過去の資料や道具だ。

それを求め、危険を承知で下層都市へと潜ることを生業とする人々が少なくともいた。
「アドルフ・アーリア」
彼もまたその一人だった。

彼の所有する小さなビルには十七の少女がいる。
「優希」
彼女は赤ん坊を抱いて朝から夜にかけて居着いている。
いつも目を伏せて揺れる彼女は命と向き合っていた。

くすんだ空の下で鈍く光る都市。
ここは普遍的に空気も人の心もよどんでいる。
ゆえに今朝もそこらのビルの下では適当な清掃が行われている。

そんな日常の中で二人は毎日を生きている。

生きることは死ぬことと同じくらい辛い。
死ぬことは生きることと同じくらい難しい。

その狭間で揺れながらも幸福を願い生きてゆく。
24hポイント 28pt
小説 10,484 位 / 60,678件 ライト文芸 233 位 / 2,415件