カフェひなたぼっこ

 関東圏にある小さな町「日和町」
 駅を降りると皆、大河川に架かる橋を渡り我が家へと帰ってゆく。そしてそんな彼らが必ず通るのが「ひより商店街」である。 
 日和町にデパートなくとも、ひより商店街で揃わぬ物はなし。とまで言わしめる程、多種多様な店舗が立ち並び、昼夜問わず人々で賑わっている昔ながらの商店街。
 その中に、ひっそりと佇む十坪にも満たない小さな小さなカフェ「ひなたぼっこ」
 店内は六つのカウンター席のみ。狭い店内には日中その名を表すように、ぽかぽかとした心地よい陽気が差し込む。
 店先に置かれた小さな座布団の近くには「看板猫 虎次郎」と書かれた手作り感溢れる看板が置かれている。だが、その者が仕事を勤めているかはその日の気分次第。
 「おまかせランチ」と「おまかせスイーツ」のたった二つのメニューを下げたその店を一人で営むのは--泣く子も黙る、般若のような強面を下げた男、瀬野弘太郎である。


※2020.4.12 新装開店致しました 不定期更新※
24hポイント 0pt
小説 104,784 位 / 104,784件 キャラ文芸 2,624 位 / 2,624件