生や社会への恐怖、老いや年齢に関する疑問。誰にも聞けないから自問自答する。

最近ずっと頭から離れないことを総合して考えると、どうも全部同じテーマにたどり着くように思う。それは老い。

「老いについて語る」ってちょっとタブー視されているように思う。健康とか美容とか、すべてに繋がるテーマではあると思うのだけれど、何かあまり触れてはいけないような、はぐらかされているような、モヤモヤとしたものが常にある。気のせいだろうか?

人は等しく年を取る。なのになんだか行き先がハッキリしない。
あまりみんな向き合いたくない、触れたくない、直視したくないテーマなのだろうか。

ということで老いや年齢、命や世界に関して思ったことをつぶやいていこうと思う。
24h.ポイント 0pt
小説 186,148 位 / 186,148件 エッセイ・ノンフィクション 7,951 位 / 7,951件