チェスがしたいだけなのに!

小学生の頃、課題で『将来の夢』を書く授業があった。

僕はその紙に大きくも小さくもない字で『誰かを守るヒーローになりたい』と書いた。

でも、そんな当時の僕に一つ言いたい。

「あぁ!?なんだテメェら!!」
「チャトランガだァゴルァ!?」

まず、その極度の口下手と動かない表情筋を治さないと、ヒーローになるどころか、将来何故か自称自警団の反社会組織のボスに祀り上げられ、そして後々、ヤクザやテロ組織と対峙することになる、と。

(……いや、なんでこうなった??)

****

2020/05/11改稿



現在ライト文芸大賞にエントリー中です。もし読んで面白いと思って頂けたら投票して頂けると嬉しいです……!(必死)
24hポイント 455pt
小説 2,932 位 / 101,124件 ライト文芸 83 位 / 4,671件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

華麗なる霊能一家と悪魔憑き~黒の天使 白の悪魔~

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:14pt お気に入り:5

婚約破棄致しましょう

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:36217pt お気に入り:8160

有能婚約者を捨てた王子は、幼馴染との真実の愛に目覚めたらしい

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:143364pt お気に入り:7772

地獄に居たもんで〜ヤクザ執事と僕の怪異モノガタリ〜

キャラ文芸 / 連載中 24h.ポイント:42pt お気に入り:79