【完結】白い結婚をした悪役令嬢は田舎暮らしと陰謀を満喫する

「こんな形での君との婚姻は望んでなかった」と、私は初夜の夜に旦那様になる方に告げられた。

卒業パーティーで婚約者の最愛を虐げた悪役令嬢として予定通り断罪された挙げ句に、その罰としてなぜか元婚約者と目と髪の色以外はそっくりな男と『白い結婚』をさせられてしまった私は思う。

それにしても、旦那様。あなたはいったいどこの誰ですか?

陰謀と事件混みのご都合主義なふんわり設定です。
24hポイント 191pt
小説 7,551 位 / 139,932件 恋愛 3,571 位 / 43,200件