神と蛭

整合歴元年。世界中には人間の他に新たな生物が繁栄した。なぜ拡がったのか、どこからやってきたのかも分からない生物『蛭』。彼らは人間の血を吸い生きていく。そして、異能力を持ち、人間たちを混乱の渦に呑み込んだ。

その蛭立ちを倒すべく、神に許され、神に血を与えられ生まれた人間たちが現れた。『神の子。神様。』と呼ばれる者達の誕生日。整合歴250年頃の話である。神に与えられた力により、蛭と対等に戦えるようになった人間の前に、まだ強力な力を持つ蛭が現れた。

神の子は、次第に、蛭と助け合いながら、何故我々を攻撃するのかを追求していく。
背後に見える強大な壁に気づかないままで。
24hポイント 0pt
小説 128,696 位 / 128,696件 ファンタジー 32,693 位 / 32,693件