Angel☆Doll


都内某所にある桜木学園は小、中、高と一貫してる男子校。
有名なスポーツ選手や学者、角界の著名人の息子など通い都内屈指のエリートを輩出する学園。
登校中のその生徒たちを見るとスレた着こなしをする生徒は誰一人もおらず、髪も黒で短髪、清楚な男子生徒ばかりだ。

そんな学校の高等部に通う自称不良高校生、桜木学(サクラギガク)16歳。
学は桜木学園の理事長である桜木龍児の息子である。
元は勉強熱心で真面目で大人しい生徒だったが生まれ持った尖った獣ような歯、鋭い眼光、すでに瞳孔が開いているような悪い目付き、その凶悪な人相と2メートル近い巨大な身長で生徒達から恐れられ言われようのない

『地獄からやって来た魔王』

等と異名をつけられ気づけば学園の生徒どころか先生にまで

『学(がく)様』と呼ばれ、友達が欲しいのになかなか出来ず、それにつけくわえ恐れられ、ある日不良に絡まれてる同じ学園の生徒を勇気を出して助けようとしたのにも関わらずその生まれ持った人相の悪さからその助けた生徒にまで怖れられ逃げられてしまう。

学は深く傷つき中等部から高等部に進学すると黒かった髪を染め金髪にし、制服もネクタイを絞めなくなり、腰パンというズボンのはきかたになり、こうなったら本当にグレてやろうと決意。

もう、俺なんて……

そんな高校進学の初日、同じクラスで隣の席になった学(ガク)とは正反対の見たことのないそれはまるで天使のようでビスクドールような少女と間違えてしまいそうな絶世の美少年、名前は桜木優那(さくらぎゆな)

実はその少年は桜木龍児が新たに養子に迎えた新しい弟だったのだ!

さらに家に帰れば彼シャツスタイル?の自称弟がそこにいて……!


さらにさらに

『学、おもしろい……ねえ、僕のものになりなよ』

と言って自分よりふたまわりも小さい体の優那に学は押し倒されて…



優那が現れたその日から、学の慌ただしい日常がはじまる


突然現れた美少年は天使か悪魔か

24hポイント 0pt
小説 139,894 位 / 139,894件 BL 15,812 位 / 15,812件