神の愛し子と呼ばれていますが、婚約者は聖女がお好きなようです

ミュンバル公爵家の令嬢ローゼリカは神の愛子とされ、幼い頃よりアモーナ王国第一王子リュシアールの婚約者だった。

16歳になったローゼリカは王立学園に入学することとなった。
同じ学年には、第2王子で聖騎士に任命されたマリオンと
聖女となった元平民でメイナー子爵家の養女となった令嬢ナナリーも入学していた。
ローゼリカとナナリーは仲良くなり、リュシアール、マリオン含め4人で過ごすようになったのだが、
ある日からナナリーの様子がおかしくなり、それに続きリュシアールもローゼリカと距離を取るようになった。



なろうでも連載中です。
24hポイント 120pt
小説 7,774 位 / 121,696件 恋愛 3,335 位 / 34,220件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

何か勘違いをしてる婚約者の幼馴染から、婚約解消を言い渡されました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:176272pt お気に入り:12659

旦那様は大変忙しいお方なのです

恋愛 / 完結 24h.ポイント:45461pt お気に入り:8454

宰相閣下の溺愛に雇われ妻は気づかない

恋愛 / 完結 24h.ポイント:908pt お気に入り:3526

勝手に勘違いして、婚約破棄したあなたが悪い

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:190217pt お気に入り:3894

大好きだったあなたはもう、嫌悪と恐怖の対象でしかありません。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:113136pt お気に入り:6149