捕食する者 される者

夕飯の準備をした僕は、中々下りてこない兄を呼ぶ為、兄の部屋へと向かった。

少し開いたドアの隙間。
そこから聞こえる……喘ぎ声。

聞き覚えのあるそれに、僕は背筋が凍り付いた。


・タグにて、必ず地雷確認をお願いします。
・闇はストーリーが進むにつれて深くなっていきます。
・残虐性・暴力的要素(流血シーン)を含みます。ご注意下さい。
・18歳未満の方はご遠慮ください。
・萌え要素は皆無です。


この物語はフィクションです。

尚、表紙絵は、キミの世界メーカーで作成し、加工したものです。
24hポイント 42pt
小説 17,360 位 / 148,188件 BL 3,805 位 / 17,034件