浅葱色浪漫

時は幕末
一軒の小さな道場に一人の跡取りがいた

名は真田遼

とある晩 道場破りに合い 子どもは姿を消した


それから月日は流れる

子どもは新選組の扉を叩いた
24hポイント 0pt
小説 87,231 位 / 87,231件 歴史・時代 1,061 位 / 1,061件