代わりにくらいなれると思った

「俺は好きなやつがいるからセフレは作らない」

チクリと胸が痛む。

「へー、好きな人って誰ですか?」
「お前も知っているんだろう? そしてお前は俺が好きなんだろう? だから俺の好きなやつをいじめたんだろう?」

会長のことが好きってバレてたか。
いや、また誰かが流した噂か。
会長の好きな人なんて俺は知らないけど、いや? 会長は日向と付き合い始めたとかいう噂が流れていた。

「もしかして、日向……ですか?」
「やはり、知っていたか。では噂も本当なんだろう。まだいい返事はもらえていないが日向にアプローチ中だ。あいつに手は出させない」

また胸にチクリと痛みが走る。
会長にこんなに大切に思われてていいなぁ。日向。

「俺が日向をいじめてるって、日向がそう言ったんですか?」
「ああ」
「そうですか。会長、俺の顔、よく見てみてください。日向に似てるでしょう?」
「……」
「双子なんです。双子だけど、みんな日向を好きになる。あいつの方が可愛いからってのは分かってますよ。でも、俺だって代わりにくらいなるでしょう? 会長」


ーーーーーーーー

書いてる途中でこの先の展開決まってません
でも割とすぐ溺愛&執着責めになるかも。
24hポイント 660pt
小説 2,449 位 / 144,305件 BL 538 位 / 16,474件