コッキングへようこそ

猥雑なる街ローケンクロゼ。
そこに〝コッキング〟という名の酒場がある。
しかしそこは、ただの酒場ではない。
とある殺し屋へと通じる窓口である。
入口から二番目に遠い円卓、その壁際の席に座っていると、やがて死神の使者の迎えがあるのだ。

然して殺し屋――ストックの許には、様々な理由から「殺し」を求める者が訪れる。
その引き金が呼び寄せるのは幸か不幸か。
生き残った者にしか判らない。

※本作品はカクヨム、マグネット、noteでも掲載中です。
24hポイント 0pt
小説 57,567 位 / 57,567件 大衆娯楽 1,863 位 / 1,863件