『小さな出会い』 グリーン車で隣り合わせたボロボロ爺さんの身の上話

エリート商社マン一ノ瀬は、常務の親友(故人)の娘と嫌々見合いをした。
……ないなぁ。

見合いの後、彼は友人の結婚披露宴に出席するため、新幹線に飛び乗った。
そして、ボロボロなセーターを着たお爺さんと出会うのだが……。

時代は昭和後期。
作者の趣味に走ったちょっとほろっとする話(を目指しました)
24hポイント 0pt
小説 64,325 位 / 64,325件 ライト文芸 2,463 位 / 2,463件