「聖女など不要」と言われて怒った聖女が一週間祈ることをやめた結果→

国を守護する力を宿した、聖女のルイーゼ。
彼女は毎日祈りを捧げることで、
魔物に力を与える「魔窟」を封印しているのだ。
けれど長らく平和が続き、
巷では聖女などもはや不要だという空気が蔓延していた。

そんなある日、ルイーゼは王子であるニックに呼び出され「キミ、聖女やめていいよ」と言い渡されてしまう。
ルイーゼがいくらその必要性を訴えても、ニックは聞く耳を持たない。
ならばと、ルイーゼは一週間祈ることをやめ、聖女の力を証明しようと決意。

するとさっそく、不穏な出来事が頻発し始めて――
24hポイント 227pt
小説 7,027 位 / 140,263件 恋愛 3,327 位 / 43,392件

処理中です...
本作については削除予定があるため、新規のレンタルはできません。