将来に不安を感じると婚約破棄されましたが、案外優秀な男だったみたいです。

男爵家の次男坊として生まれたセディス。
順風満帆な人生ではなかったが、それなりに上手く将来設計も出来ていると思っていた。

だが婚約者はそう思っていなかったらしく、身分の高い恋人を引き連れて婚約破棄を言い渡してきた。

「あんたみたいに将来が不確かな男と心中するつもりなんて無いの! 婚約者に将来やお金の心配をさせる男となんて生きていけないわ! 婚約破棄よ! 破棄っ!」

婚約者には捨てられ、家族からは馬鹿にされて悔しくて惨めな思いをした。
なんてダメな男なんだーーと嘆いたりもした。

だけど……俺って周囲が思っていたよりも無能ではなかったみたい。

24hポイント 14pt
小説 25,810 位 / 128,122件 恋愛 11,118 位 / 38,075件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!