信用してほしければそれ相応の態度を取ってください

突然、婚約者の側に見知らぬ令嬢が居るようになった。両者共に恋愛感情はない、そのような関係ではないと言う。

「訳があって一緒に居るだけなんだ。どうか信じてほしい」
「ではその事情をお聞かせください」
「それは……ちょっと言えないんだ」

信じてと言うだけで何も話してくれない婚約者。信じたいけど、何をどう信じたらいいの。

二人の行動は更にエスカレートして周囲は彼等を秘密の関係なのではと疑い、私も婚約者を信じられなくなっていく。

24hポイント 113pt
小説 8,746 位 / 128,433件 恋愛 4,151 位 / 38,286件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

殺された女伯爵が再び全てを取り戻すまでの話。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:2010pt お気に入り:148

不死王はスローライフを希望します

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:25354pt お気に入り:10751

淫魔も惚れれば一途になる

BL / 連載中 24h.ポイント:14pt お気に入り:7

愛されない花嫁は初夜を一人で過ごす

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:225079pt お気に入り:6163

灰かぶりの花嫁は、塔の中

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:21840pt お気に入り:318

私の全てを奪ってくれた

恋愛 / 完結 24h.ポイント:2080pt お気に入り:13