悪夢で視る人――それは俺だけが視ることのできる、酷く残酷で凄惨な個人的ホラー映画。

 彼女居ない歴イコール、生きた歳の俺は二十歳。
 仕事が休みになると、当然、することもないので、決まって部屋に引き篭もる悪い癖を持っている。

 何をしているかって言うとナニではなく、ひたすらに大好物なホラー映画を鑑賞しているってわけ。
 怪奇物にスプラッター、パンデミックに猟奇物まで、ホラーと名のつく物ならなんでもバッチ来いの大概な雑食である。

 めっさリアルに臓物が飛び出す映画でも、観ながら平気で食事が喉を通るって言うんだから大概だろ?
 変なヤツだと後ろ指を刺されるわ、あの人とはお話ししてはダメよと付き添いの親に陰口を叩かれるくらいのな?

 そんな俺が例の如くホラー映画を鑑賞中、有り得ないことが俺の身に起きた。

 そこを境に聴くも悍しい体験をしていくこととなる――。
24hポイント 0pt
小説 121,573 位 / 121,573件 ホラー 4,319 位 / 4,319件