水巫女はハレムで溺れる

「本当に水の精霊のようだ。ひんやりして。
俺の熱と溶け合って、ちょうどいい温度になる」

 そんなありえないような熱をもった台詞をいうエキゾチックイケメンが夢にでてきた。

 男性経験のないままに社会人になることを気にするアンナはどうせ夢の中だし!と大胆な気持ちになってその青年と一時過ごす。

 そして一年後、川に落ちたアンナは水の中で女神様にあう。
女神様から異世界の水の精霊の巫女として召喚されてほしいと依頼されて、そのときに夢の中と思っていたあの青年との出来事は召喚される異世界での現実の出来事と告げられる。

 ただ、その青年がどうしているのか、あれから一年なのか、大事なことは何も教えてもらえないままにアンナは水の神殿に巫女として降り立つ。

 ちょうど大国の時期皇帝といわれる第三王子の後宮にはいる女性を募集しているタイミング。
 女神様にお願いされた依頼にも都合がいいので、妃になるつもりはないけれど、アンナは後宮行を志願する。

 一年間の後宮滞在中、女神様のお願いをこなしつつ、次期皇帝に目をつけられずに過ごしたら、水の神殿にもどしてもらって素敵な旦那様みつけてすごしたい。
 目指せ一夫一妻! 後宮では目立たず静かに!!

 そんなアンナの思いをよそに、ライバルとしてにらまれたり、まわりがはりきったり。
24hポイント 7pt
小説 23,538 位 / 99,691件 恋愛 9,872 位 / 27,758件