お疲れ先輩女子は石油王に攫われたい!

「ねぇ、先輩。それ本気ですか? 本当に石油王に攫われたいの?」

そう言ったのは、褐色碧眼の後輩男子、成宮バドゥル。

「ああぁ〜石油王に愛されたい……攫われたい……疲れたぁ〜〜!」

仕事に忙殺される美夜子が吐き出した、そんな愚痴から始まる攫われ? スタート恋愛。

*お疲れ女子が癒されたらいいな…というある意味現代ファンタジー
*他サイトにも投稿しています
24hポイント 21pt
小説 15,719 位 / 86,754件 恋愛 6,393 位 / 22,892件