養父失格

妻と僕は子供に恵まれなかった。けど、寂しくはなかった。友人から託された 久美 という女の子が、我が家に来てくれたからだ。小さな頃より可愛がったのは言うまでも無く、思春期になって多少の衝突があっても、愛情の念が薄れることはなかった。久美が高校一年の頃、妻が出張で家をしばらく空ける日がやってきた――。
24h.ポイント 28pt
0
小説 21,741 位 / 186,029件 恋愛 10,061 位 / 56,448件