転生先は盲目幼女でした ~前世の記憶と魔法を頼りに生き延びます~

前世の記憶を持つ私、フィリス。思い出したのは五歳の誕生日の前日。

一応貴族……伯爵家の三女らしい……私は、なんと生まれつき目が見えなかった。
それでも、優しいお姉さんとメイドのおかげで、寂しくはなかった。

ところが、まともに話したこともなく、私を気に掛けることもない父親と兄からは、なぜか厄介者扱い。

ある日、不幸な事故に見せかけて、私は魔物の跋扈する場所で見捨てられてしまう。

もうダメだと思ったとき、私の前に現れたのは……

これは捨てられた盲目の私が、魔法と前世の記憶を頼りに生きる物語。
24hポイント 1,441pt
小説 1,119 位 / 143,861件 ファンタジー 285 位 / 34,650件

処理中です...
本作については削除予定があるため、新規のレンタルはできません。