アイテムボックスは人を襲う ~箱を狩る少女~

 成人したら誰もが持っている便利な道具。アイテムボックス。

 16才になったハコワン=ケノビンは成人と同時にアイテムボックスと契約する儀式に失敗し村を飛び出した。

 辿り着いた王都でケノビンの前に一人の老婆が現れアイテムボックスとの契約を持ちかける。
 その老婆は意思を持つ非常に珍しいアイテムボックスと契約していた。

 意思を持つアイテムボックスは語る。
「アイテムボックスは人を喰らう。 そしてその事実を人々は知らない」と。
24hポイント 7pt
小説 16,308 位 / 57,312件 ファンタジー 4,708 位 / 18,796件