差別対象は最強

これは、4人の人間…いや、異常者のストーリー。

この世界の人間は、全員『普通の思考』をしています。

世は#新魔狂__シンマキョウ__#時代。簡単に説明すると、魔法を使えるようになった人間達による狂ってしまった世界だ。
と言っても、強い魔法で世界が支配されているとか、戦争が世界中で勃発している…とかではない。
今現在、起こっているのは、

『最強差別主義社会』

差別対象は、強力な魔法を使う能力者。

理由は言うまでもなく、強力な魔法は危険だからだ。
大抵の人々は、ホコリから栄養を吸収出来るようになる…とか、耳に鉛筆を仕舞える…とか、あっても使わないような魔法ばかり。

ニュース「現在逃亡中の死刑囚の賞金額は…」

ちなみに、俺も危険と判断された人物だ。
人々は俺達の事を、『異常者』と呼ぶ。

「戦争が起きるかも知れない。」
「本人に悪気がないにせよ、怪我人が出たのは事実。」
「無意識で人を殺すなんて…信じられない!異常者は死刑賛成です!」

俺は生きている事が罪らしい。
現在逃亡中の俺には、多額の賞金が付けられている。(詳しくは知らないけど。)

ここで疑問なのは、どうして異常者達は強い魔法を使えるのに反発しないのか、だよな。

理由は2つ。
1つは、強い魔法は扱い辛いから。
2つ目は、異常者は意図的に相手を傷付けられないから。なぜかは分からない。
24hポイント 0pt
小説 74,500 位 / 74,500件 ファンタジー 21,788 位 / 21,788件