フラれた彼女のことを忘れようとしたのに、彼女の妹は全て知っていた

「悪いけど別れて欲しい」彼女である岩浪亜美からそう言われた。彼女のためだけに頑張ってきたのに、俺は全てを信じられなくなった。
高校卒業後、逃げるように俺は彼女と一緒に行くはずの大学を諦めて知らない大学に行くことに。
これで、彼女のことを忘れられる。そう思ったのに、そこで出会ったのは……。

「初めまして、あの……お姉ちゃんの彼氏さんですよね?」

話しかけてきたのはフラれた彼女の妹だった。
24h.ポイント 0pt
0
小説 185,828 位 / 185,828件 恋愛 56,372 位 / 56,372件