百姓上がりの陸軍士官に嫁いだ娘は兄様との板挟みに苦悩する!

海軍士官の兄様は、私、桐生りまに馬車の窓からとある殿方の姿を見せた。
その方が半裸であることに非常に驚いたが、他の男達とは頭一つ分違う背の高さと凛々しさをお持ちの方だった。
「あれをどう思う?」
兄様は、嫁を今だに娶らないことで、男色の方だと市井では有名な方だ。
私は余計な事を言うまいと思いながら、兄様に答えていた。
「見事な男でございますなあ。」
――私の輿入れが決まったのはその一週間後でございます。
うそ!
私ったら間違っちゃった?
24hポイント 0pt
小説 99,604 位 / 99,604件 恋愛 27,728 位 / 27,728件