2
 白霧 柚鈴は小児科医。担当患児の病気の治療法がなく悩んでいたある日、偶然その病気の医療漫画を見つけた。 「病気についてここまで描ける人なら、治療法も……」  いてもたってもいられなくなった白霧は、どうにか編集者と連絡をつけて漫画の作者に会いに行くことに。  しかし、たどり着いた先で見たものは、お城のような洋館と―――――――――ペストマスクの妙な青年だった。  大学生で漫画家でもあるペストマスクの青年、もとい黒鷺 雨音。帰国子女で日本文化に疎い彼は、発表されたばかりの治療法の論文と引き換えに、漫画の監修を白霧に依頼した。 「僕と取引しません?」  渋々ながら応じることになった白霧。だが、手に入れた論文に書かれていた治療内容は、高難度の手術だった。今の白霧では、知識も技術も経験も足りない。  途方にくれる白霧を前に、黒鷺は発表前の論文を入手出来た理由を、美味しい手料理とともにあっさり明かした。 「それ、先に言いなさいよ!」  奇妙な関係から始まる、女医と男子大学生との、仕事とご飯と恋のお話。  ※他サイトにも改稿前の作品を投稿しています
24hポイント 42pt
小説 11,529 位 / 95,679件 キャラ文芸 201 位 / 2,770件
文字数 179,826 最終更新日 2021.01.24 登録日 2020.12.22
アラサー監察医である神崎は有能だが、二次元ショタ好きという趣味の持ち主でもあった。 職場の先輩である橋本は、そんな神崎の有能ぶりを見抜き、自分の下で自由にさせていたのだが、ある日、予想だにしないことが起きて……
24hポイント 0pt
小説 95,679 位 / 95,679件 キャラ文芸 2,770 位 / 2,770件
文字数 11,370 最終更新日 2020.12.31 登録日 2020.12.31
2