選択はヒロインがするものでしょう?

 あたしはある日、自分が昔やっていた選択肢の多い乙女ゲームの中に転生していることに気づいた。そして絶望した。
 それは悪役令嬢だったからじゃなく……。

 多分攻略の一番の障害は悪役令嬢じゃなく迷子による遅刻あるいはすっぽかしでの好感度減少だと思う(おい)。
 そーゆー感じで選択肢選ばせる場合大概自問自答になるだろうからそんなキャラはふつう存在しないというツッコミはなしで……それ以前の問題か。

 前回の、セルフパロディの定義知ってる友人にまで完結詐欺くさいといわれた。やっぱりいじっとくべきだったか。
 つーわけで今回は一話で終わるヤツで、停止する暇がなくてもこれなら安心。

 ただいま諸事情で出すべきか否か微妙なので棚上げしてたのとか自サイトの方に上げるべきかどうか悩んでたのとか大昔のとかを放出中です。見直しもあまり出来ないのでいつも以上に誤字脱字等も多いです。ご了承下さい。
24hポイント 21pt
小説 20,360 位 / 120,502件 ファンタジー 3,924 位 / 31,405件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!