あと一週間で、聖女の夫になることができたのに……。残念でしたね。

オーデンバム学園の卒業式の後、首席のリアム・ベルリンドを祝うパーティが行われた。

リアムは壇上で、自分はルイーザ・サンセットに虐めを受けていた。などと言い始める。

さらにそこへ、ルイーザの婚約者であるはずのトレバー・シルバードが現れ、彼女を庇うどころか、ルイーザとの婚約を破棄すると言い出した。

一週間後、誕生日を迎えるルイーザが、聖女に認定されるとも知らずに……。
24hポイント 71pt
小説 9,947 位 / 125,441件 恋愛 4,262 位 / 35,880件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚約破棄を受け入れたのは、この日の為に準備していたからです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:43581pt お気に入り:5449

誓約魔術に誓ってもらってもいいでしょうか?

恋愛 / 完結 24h.ポイント:1363pt お気に入り:3966

傾国の遊女

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:134pt お気に入り:35

地味な私が王妃!?ムリムリ!絶対ムリです!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:42pt お気に入り:25

婚約を……破棄…?ですか……本当によろしいのですね?

恋愛 / 完結 24h.ポイント:191pt お気に入り:4113

あ、婚約破棄ですよね?聞かなくてもわかります。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:930pt お気に入り:2480

皇妃になりたくてなったわけじゃないんですが

恋愛 / 完結 24h.ポイント:6191pt お気に入り:4993

<完結済>婚約破棄を叫ぶ馬鹿に用はない

恋愛 / 完結 24h.ポイント:99pt お気に入り:1153