ケルベロスは甘く囁く

「お前の甘さなら、いくらでもイケるな」
地獄の番犬も、時には甘く囁きます(?)


ケルベロス――ギリシャ神話に登場する、三つの頭を持つ巨大な犬。
冥府の入り口を守護し、黒い双頭の犬、オルトロスとは兄弟。
竜の尾と蛇のたてがみを持つ獅子とも言われるその怪物は、実は甘いものに目がないのです。

「スイーツ好きな怪物? 可愛いーっ! いっちゃんみたーい」

「あ? ふざけんな。俺は甘いモンがこの世で一番嫌いだ」

「ふっふっふっ。そんな君がイチコロで堕ちる魅惑の果実を僕が発明したよ。さぁ、楽しい楽しいお注射の時間ですよぉ」


――とあるパティスリーで繰り広げられるトライアングルなひと時は、激しく妖しく、甘……いのか?(笑)



『降る雪の…』のサブキャラ、秋田正親の物語。

奈倉まゆみさん(https://www.alphapolis.co.jp/author/detail/901541888)の『オルトロスの咆哮』より、伊織先生をお借りしました。



表紙は、ちよこ様作画です。

◆本文、画像の無断転載禁止◆
No reproduction or republication without written permission.
24hポイント 7pt
小説 34,945 位 / 148,958件 BL 7,548 位 / 17,188件