ヒロインになんてなりたくない

 落馬事故から目が覚めたら、前世の記憶があって。いや、自覚としては見覚えのない場所、知らない人たち、そして鏡の中には誰?という姿が映っていた。そのうち状況は把握したのだけれど。
 なんとなく、様子からすると、時々適当に読みあさったネット小説の転生もの、のようで。どちらかというとヒロイン?てやつ?
 でも、なんだかよくわからないし、ヒロインになりたいわけでもない。というか、全くピンとこないから、知らない世界観。なので、好きに生きさせてください。別にそれで、悪いようにはならないと信じて。好きに生きて、悪い結果になったなら自業自得でしょう?
 キラキラした王子様とか、分不相応だし。そもそも初恋の人が忘れられない。
 初恋の人には、全く異性として認識されていないので、その距離感で楽しんで生きるのもよいかな、と思えるのは、前世の記憶があるおかげだと思って、本当は関係を壊したくなくて動けない小心者。

 初恋の人からはいつまで経っても弟扱い。避けて通りたい方達からはなぜか逃げきれずに付き纏われて。
 ヒロインになりたくない、でも、初恋の人は視界におさめていたい子のお話。
24hポイント 7pt
小説 26,793 位 / 124,627件 恋愛 11,174 位 / 37,159件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

ゴーストスロッター

ライト文芸 / 連載中 24h.ポイント:16672pt お気に入り:2

次期ご当主様の花嫁選び

恋愛 / 完結 24h.ポイント:28pt お気に入り:53

名もなき朝の唄〈湖畔のフレンチレストランで〉

ライト文芸 / 完結 24h.ポイント:85pt お気に入り:160