土魔法で富国強兵?

題名を変えました。
 トレッキングをしていた佐藤一朗は、哀しい鳴き声を聞いて藪の中に入っていったが、そこには大きな傷を負った母狐と、二匹の子狐が横たわっていた。
「すみません。この子達を助けて頂けませんか」
「ふっふぇ」
 狐に話しかけられた一朗は、腰が抜けるほど驚いたが、死にかけている母親の願いを無碍に出来るほど薄情ではなかった。
 子狐だけでなく、大怪我をした母狐も助けようとしたが、追っ手を撒く為に、母狐は怪我を押して囮になった。
 預かった二匹の子狐は、土魔法が使えたので、地中から金銀はもちろん、巨大な宝石も創り出してくれた。
 一朗はそれを使って、世の中の矛盾を解消していくのだった。
 そして遂には、日本の国境問題さえ解決するのであった。
24hポイント 7pt
小説 25,337 位 / 101,193件 ファンタジー 5,161 位 / 27,249件