ユニコーンだけど、めっちゃ清らかな子が死にかけてたので助けたら男の娘だったし懐かれた

美しき森の主たる魔物、ユニコーン。処女が大好きな彼はある日自らの治める森で一人の人間を助けた。美しい容姿に清らかな気配。紛れもなく処女であろうその人間を彼は一目で気に入り、住処へと連れ帰り丁寧に介抱するのであった。
──その処女が“男”であることに気が付かぬまま。
目を覚ました処女.......もとい少年は己が乙女ではなく男なのだとユニコーンに伝える。
衝撃を受けたユニコーン。しかし、彼の脳裏には奇妙な一句が浮かんでいた。
「清純派 たとえ男でも いいじゃない
ゆにこぉん」

斯くして、処女大好きユニコーンと、心に傷を持つ男の娘による共同生活が始まるのであった。
24hポイント 21pt
小説 13,170 位 / 60,435件 ファンタジー 3,138 位 / 19,368件