翔君とおさんぽ

世間一般的に、ブラック企業と呼ばれる会社で、1ヶ月以上も休み無く働かされていた鈴夏静華《りんかしずか》は、パソコンに届いた一通のメールにより、田舎にある実家へと戻る。

そこには、三歳の日向翔《ひなたかける》と、幼なじみである詩想奏多《しそうかなた》がおり、静華は二人によりお散歩へと繰り出される。

その先で出会ったのは、翔くらいの身長である銀髪の少年、弥狐《やこ》。

昔、人間では無いモノ──あやかしを見る方法の一つとして"狐の窓"という噂があった。

静華はその話を思い出し、異様な空気を纏っている弥狐を狐の窓から覗き見ると、そこにはただの少年ではなく、狐のあやかしが映り込む──……

心疲れた人に送る、ほのぼのだけどちょっと不思議な物語。
24h.ポイント 28pt
8
小説 21,741 位 / 186,029件 ライト文芸 275 位 / 7,649件