婚約破棄するのは良いんですけど、瞬間記憶の能力で貴方を助けていたことをお忘れですか?

「メリーナ、お前との婚約は本日をもって破棄させてもらう」

アンバス・バルバドイ侯爵はメリーナ・セラスタ伯爵令嬢に婚約破棄を告げた。
彼女は反論したが、アンバスは幼馴染の女性と結婚すると言って聞かなかったのだ。
しかし、婚約破棄をしたのは良いがメリーナの特殊能力の恩恵を彼は見誤っていた。
メリーナは瞬間記憶と言うもので一度みた文書の全てを記憶できるのだ。
これによって、書斎などにある参考文献を使っての文書作成の手間が大幅に短くなっていたわけで……。

メリーナは幼馴染の公爵との仲を深める間、アンバスは文書作成においてメリーナに頼り過ぎていた事実を思い知らされる。今さら知ったところでもう遅いのだが……。
24hポイント 198pt
小説 6,636 位 / 127,364件 恋愛 2,909 位 / 37,595件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

前代未聞の婚約破棄~なぜあなたが言うの?~【長編】

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:37340pt お気に入り:2975

あやかし狐の身代わり花嫁

キャラ文芸 / 完結 24h.ポイント:213pt お気に入り:188

実の家族よりも、そんなに従姉妹(いとこ)が可愛いですか?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:26326pt お気に入り:8808

私は公爵令嬢ですけど義妹は男爵令嬢ですわよ

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:39371pt お気に入り:9570

【完結】悪役令嬢の妹ですが幸せは来るのでしょうか?

恋愛 / 完結 24h.ポイント:1150pt お気に入り:4687