死に戻りのクリスティアナは悪妻となり旦那さまを調教する

 結婚生活に苦悩し、さらに病気で早死したわたくしを憐れんでくださったやさしい(?)女神さまが、特別な恩寵だと言って人生の巻き戻しをしてくれた!
 二十八歳のわたくし!

 ……って、女神さま?
 普通、巻き戻すとしたらもっと少女の頃か、結婚まえじゃありません?
 巻き戻されたのは結婚後十年経ってからって、どうしろと?
 もう子どもだって生まれているのですよ⁉

 やり直すなら、せめて婚約解消できる時期じゃないと意味がないですよ⁉
 朴念仁の旦那サマとまた付き合う羽目になるじゃありませんか!
 このっ駄女神!
 あの朴念仁(ポンコツ)を調教(カスタマイズ)しろと?!


※全二十話。約六万文字。完結済。
※拙作『妻の死で思い知らされました。』のスピンオフ作品(IF作品)です。
※前作を知らなくてもお楽しみいただけるようにしたつもりですが、知っていればよりニヨニヨできてお愉しみいただけるかと愚考します。
※前作の「基本コンセプト」は踏襲していません。
※この話は小説家になろうにも投稿しています。
24h.ポイント 120pt
840
小説 8,043 位 / 187,475件 恋愛 3,560 位 / 56,788件

あなたにおすすめの小説

夫は永遠に私を愛さない

杉本凪咲
恋愛
「トーカ、俺の妻になったからには、この家のルールに従ってもらう」 夫のその一言から私の夫婦生活は始まった。しかし嫁いだ先は地獄で、待っていたのは心無い罵声と使用人のような扱いだった。酷い待遇に逃げ出したくなるも、私は家のために夫婦を続けるしかなかった……

捨てられた侯爵夫人の二度目の人生は皇帝の末の娘でした。

クロユキ
恋愛
「俺と離婚して欲しい、君の妹が俺の子を身籠った」 パルリス侯爵家に嫁いだソフィア・ルモア伯爵令嬢は結婚生活一年目でソフィアの夫、アレック・パルリス侯爵に離婚を告げられた。結婚をして一度も寝床を共にした事がないソフィアは白いまま離婚を言われた。 夫の良き妻として尽くして来たと思っていたソフィアは悲しみのあまり自害をする事になる…… 誤字、脱字があります。不定期ですがよろしくお願いします。

悪役令嬢と執事が入れ替わり、悪役令嬢は純粋令嬢になりました

天災
恋愛
 悪役令嬢は純粋令嬢になりました…

ガネス公爵令嬢の変身

くびのほきょう
恋愛
1年前に現れたお父様と同じ赤い目をした美しいご令嬢。その令嬢に夢中な幼なじみの王子様に恋をしていたのだと気づいた公爵令嬢のお話。 ※「小説家になろう」へも投稿しています

虚空のディストピア

橘 はさ美
ファンタジー
―2042年、駅のホームにて。 痴漢をした中年の男性に体当たりをされ、油断していた主人公は線路に落ちる。 完全に死んだと思っていたが、目を開けるとそこは手術室。 「手術室は成功した」とだけ言われ、別棟に連れていかれる。 ナースに「あなたは書類上、死亡した事になっています」という衝撃の事実を告げられる。 改めて自分の体を見てみると、明らかに自分では無い体であった。 検査室に連れていかれ、能力があるはずだと告げれる。 言われるがままに発動した主人公の能力とは…?

~冒険者によって全てを失った少年は蒼銀の少女と出会う~

昼馬志子
ファンタジー
15歳の少年ルークは過去に全てを失った『あの日』から冒険者として日銭を稼ぐ生活を送っていた。 いつも通りゴブリン討伐依頼を受け洞窟へと向かうが、そこで一人の少女と出くわす。少女の後を付け先へ進むと、洞窟の先には人工物である扉が待ち構えており、その先が『ダンジョン』であることは明らかだ。ダンジョンとは人が何らかの意図を持ち、作り上げたもので、扉の先には何かが待ち受けていても不思議ではない。 少女の話によると、最奥部にはかつて世界を滅ぼしかけた狂王の魂が封印されており、攫われた母を探す手掛かりになるという。 ダンジョンで徘徊する死霊を倒し、その先で待ち構えていたのは……。 「悪魔の王……オレが奴を倒そう」 剣と魔法の世界で繰り広げられる、壮大な使命を負いし少年少女の旅物語です。

義弟に婚約者を奪われ、悪女として断罪されましたがなぜか邪神に溺愛されハッピーエンド?を迎えることになりました🐍

音無砂月
恋愛
※BL展開は薄めです。 ※毎日1話ずつ、17:00公開 フィオナの母親は夫の不貞で心が病み、亡くなった。それからすぐ、父親は愛人と愛人との間にできた子、ランを正式な家族として邸に入れた。 元愛人で正妻として収まったセザンヌと義弟に元妻の子であるフィオナは虐げられるのはよくあること。けれど、セザンヌもランもフィオナを虐げたりはしなかった。そのことが逆に、フィオナの心に深い闇を形成する。 それでもフィオナは罪があるのは父とセザンヌであり、生まれてきてしまったランに罪はないと考える。 けれど、ある日彼女は見てしまった。 ランが自分の婚約者であるアランに告白するところを。そしてアランがそれを受け入れるところを。 ショックを受けるフィオナに優しくてを差し伸べたのは転校生のクロヴィスだった。しかし、彼は彼で思惑がある。果たして、彼は本当に味方なのか?

【短篇集】実は溺愛なんです【過去作と今と】

あとさん♪
恋愛
拙作の中で、10000文字以下の溺愛短編を集めました。 章立てしてあるそれぞれは、因果関係のないお話たちですが、共通項があります。 【溺愛】 してるんですよ! たぶん。 それぞれの【溺愛】をお楽しみくださいませ。 【結局のところ、どちらが先に惚れたのかは謎のまま】(初出2022.10.24) 【だってセーラは天才だから】(初出2022.12.01) 【初夜の晩に「おまえは俺を愛することはない!」と言われました。…んぇ?】(初出2023.02.28) 【満月でも三日月でもキミがいれば】(アルファ初出2024.07.19)