無能な回復魔術士、それもそのはず俺の力は『魔◯』専用でした!

 回復魔術士として冒険者稼業を営んでいるクライブ。
 『回復』の力は貴重で、パーティに誘われるが、いつも最後には追い出されてしまう――その数、八度。
 彼の力は人間を治すことはできても、雀の涙ほどの回復力しかなかった。

 やがて入れてくれるパーティもなくなり、途方に暮れて森をふらふらしているところで怪我をした魔物に出会った。

「いくぞ……『ヒーリング』」
 普段は役に立たない回復魔術はいつもよりも強い光を放ち、魔物の傷を完治させてみせた。

「――俺の魔術は魔物専用らしい」
 魔力とは異なる、魔術力を持ったクライブは魔物を強化し自らをも強化する!
24hポイント 28pt
小説 12,827 位 / 86,647件 ファンタジー 2,733 位 / 24,797件
1 / 4

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

最強賢者の異世界無双 〜不遇とされた転生賢者はチートと現代知識で世界最強〜

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:134pt お気に入り:2688

追放歌姫の異世界漫遊譚

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:28pt お気に入り:64