──どんなに、どんなに。





「環菜先輩、もう、遅いですか」


*


 雅環菜《みやび かんな》は吹奏楽部でチューバを吹く、高校二年。

 しかし、高校入学から一年が経った最中、新入部員の中に、中学の頃すれ違ってしまった嶌梓《しま あずさ》を見つけてしまった。

 好きのタイミングが違い、空回りに終わった環菜と梓。


 中学の頃はバスケ部だったのに、どうして梓君は吹奏楽に入部したのだろう。

 もう、気まずい思いはしたくないんだけれどな……。


*


小柄なチューバ奏者×年下フルート男子



 一人ではできない、皆がいるからこそできる演奏って、ありますね。

 一人だけの“音”が、様々な音色が重なって初めて、“音楽”に変わる。

 そんな瞬間を、丁寧に描けたら、と思い執筆しました。


執筆期間 2017.09.16~09.26

表紙イラスト:Yuu様




24hポイント 0pt
小説 91,324 位 / 91,324件 恋愛 24,693 位 / 24,693件