アルビオン王国宙軍士官物語(クリフエッジシリーズ合本版)

 ハヤカワ文庫さんのSF好きにお勧め!
■■■
 人類が宇宙に進出して約五千年後、地球より数千光年離れた銀河系ペルセウス腕を舞台に、後に“クリフエッジ(崖っぷち)”と呼ばれることになるアルビオン王国軍士官クリフォード・カスバート・コリングウッドの物語。
■■■
 宇宙暦4500年代、銀河系ペルセウス腕には四つの政治勢力、「アルビオン王国」、「ゾンファ共和国」、「スヴァローグ帝国」、「自由星系国家連合」が割拠していた。
 アルビオン王国は領土的野心の強いゾンファ共和国とスヴァローグ帝国と戦い続けている。
 4512年、アルビオン王国に一人の英雄が登場した。
 その名はクリフォード・カスバート・コリングウッド。
 彼は柔軟な思考と確固たる信念の持ち主で、敵国の野望を打ち砕いていく。
■■■
 小説家になろうで「クリフエッジシリーズ」として投稿している作品を合本版として、こちらでも投稿することにしました。
■■■
小説家になろう、カクヨム、ノベルアップ+でも投稿しております。
24h.ポイント 21pt
0
小説 25,968 位 / 185,882件 SF 179 位 / 5,160件